自動車をお持ちの方が必ず行なわなければならない事は車検です。初回で3年、次回からは2年の間隔で必要になってきます。また車検にはご自身で行なう方法と、ディーラーやカーショップ、整備工場、ガソリンスタンドに依頼する方法があります。それぞれに必要書類が異なるので覚えておくと良いでしょう。お店に依頼する際に必要な書類は車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑が必要になります。税納税証明書は無くされる方が多いので、支払を済ませたら大切に保管しておきましょう。ご自身で受けられる場合は、これ以外に検査票、重量税納付書、継続検査申請書が必要です。しかし当日に用意出来る書類ですので把握させておく程度で良いでしょう。直前になって慌てないように、時間のある時に一つのファイルにまとめておくなどの対策をしておきましょう。



車検の時に準備する必要書類



車検を受けるときに必ず必要になる必要書類があります。まずは、車検証です。これがなければ、費用も掛かるし1から点検をしなければならないため、時間もかかります。そして、自動車損害賠償責任保険証明書と自動車税納税証明書が必要です。とくに、自動車納税証明書はきちんと税金を納めているという照明になるので、これがないと合格できません。自賠責証明書に関しては、その場で加入出来るので、事前に準備していなくても大丈夫ですが、旧自賠責証明書がひつようなので忘れてはいけません。そして、それ以外の費用を抑える方法があります。その場合、上記以外に、自動車の検査票と自動車重量と継続検査申請書と定期点検整備記録簿が必要です。この方法の場合、費用が安く抑えられるのが特徴です。しかし、少し面倒な面があったり、必要最低限の点検しか行われていないため不安な面があります。そして、認印も持っていかないといけません。



車検の前に必要書類をチェックする



車検を受ける前には必ず必要書類のチェックを行いましょう。車検証は自分の車の中に入れておいてすぐにでも出せる状態ですが、それ以外に必要な物がいくつかあります。初めての検査の場合にはディーラーやお世話になっている整備会社からお知らせが来て、金額と一緒に準備していく物も記載がありますので参考にしましょう。車の中に入れている物や常に持ち歩いている物ならすぐに用意が出来ますが、きちんと片付けをしていないと無くしてしまう物もあります。一番は自動車税の払い込み証明です。自動車に対する税金をきちんと払っている事も自動車所有の条件の一つなので検査を受ける際には必要です。住んでいる自治体に確認すれば支払い済みか分かるので、整備会社によってはなくしても証明書無しで車検を受けさせて貰える所もあります。しかし大切な物なのでなるべく無くさないようにしましょう。